超簡単おしゃれな木製ペンスタンドその2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横浜の猫

前回おしゃれな木のペンスタンドを紹介しましたが、更にシンプルでおしゃれなペンスタンドの作り方を紹介します。

ペンスタンド2

1.材料と道具を用意する。

次のような材料と道具を用意します。

【材料】

  • 木材(角棒)12mm角  長さ10cm
  • 木材(板) 厚さ20mm×幅50mm  長さ30cm
  • 木工用ボンド

【道具】

  • のこぎり
  • カッター
  • 定規、鉛筆、消しゴム
  • サンドペーパー 240番

2.板材を切る。

板材を切って長さ12cmのものを先ず2つ作ります。
2つの長さがぴったり同じになるように、そして切断面も
できる限り直角になるように切って下さい。

《コツ》 1本目を切るときに直角を十分意識する。板の端
から12cmのところに直角に線を引き、のこぎりの
背を真上から見るような姿勢で切る。
12cmの長さで1個切ったら、残った板材にそれを
あてがい、自分で切った方と反対側の切断面に
のこぎりを沿わせて切ると直角に切り易い。

3.印を付ける。

ペンを挿す穴となるV字の溝を切るための印を付けます。
12cmに切った2枚の板のそれぞれ片側にV字の溝を切り、
2枚を合わせると菱形の穴ができるようにします。
ちょっと面倒な感じがありますが、このペンスタンドの
場合は、この印付けが最も大事な作業となります。

印をつける

4.板材に溝を切る。

印に沿って、45°に切り込みを入れてV字の溝を切ります。

《コツ》 図のように、のこぎりを板材の縁に斜めにあて、
表面と側面の印に注意し、側面の三角の底まで切る。
溝を切る

反対側の縁も同様に切る。
溝を切る2

この両側の切り溝をガイドにして、ゆっくり斜めに切る。

斜めに切る

12mm角の角棒にサンドペーパーを巻いて、V字溝を磨いて
整えます。ささくれなどを軽く取り除く程度で構いません。
サンドペーパー

5.穴の縁を面取りする。

図のように穴の縁をカッターで面取りします。2枚を合わせ
てみてズレを調整しながら切ります。
面取り

6.穴の底を作る。

12mm角の角棒を1cmの長さで3個切ってサイコロ状の底を作
ります。正確に1cmでなくても大丈夫です。

7.2枚の板を貼り合わせる。

サイコロ状の底に木工ボンドを付けてV字の溝にはめ、V字
の溝以外の部分に木工ボンドを軽く付け、もうひとつの板
をのせて貼り合わせます。ズレを調整した後、重しをのせ、
ボンドが乾くまでしばらく(通常2時間程度、速乾ボンドの
場合は1時間程度)置いておきます。
底を貼る

8.仕上げ

ボンドが完全に乾いたら、サンドペーパーで周りを磨いて完成です!

RSSを使うと「猫でもできるDIYプチレシピ」を便利に購読できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ページトップへ